HOME>お酢の可能性>食品衛生関連商品

食品衛生関連商品[food hygiene]

食品衛生関連商品

食品衛生関連商品のご案内

 食酢は発酵によってつくられる基礎調味料で、味づくりに欠かせない食品のひとつです。また、調味料としての使い方だけでなく抗菌性を生かした利用や風味の改善など食品加工に広く利用されています。

 キユーピー醸造株式会社では、食酢や有機酸の抗菌力や風味改良効果を生かし、食品素材に合う材料処理や、その加工品の日持ち向上に役立つ商品をご用意しております。味づくりはもちろん、食酢をベースにした加工酢や製剤で、安心して食べていただける食づくりをサポートします。日持ち向上と併せ、除菌効果の高いアルコール製剤もご用意しております。

お酢の特性を生かした利用例

お酢の機能 利用例
調  味 酸味をつける、風味のバランスを調える
調理特性 におい、色調、食感の改良
(例:根菜類のアクを抜いて色を白く仕上げる、みょうがや赤かぶの紅色を鮮やかに仕上げる、カルシウムを溶けやすくする、魚臭さが抑えられる、れんこんの歯切れを良くする、など)
抗 菌 性 日持ち向上、pH 調整、食品の洗浄(例:酢洗いなどの下処理)
微生物の多くは、pH5.0~9.0で活発に活動しますが、酢はpH2.5~3.5を示す酸性の食品です。お酢の防腐効果は食中毒細菌にも有効です。
健康効果 食欲増進のお手伝い、疲労回復のお手伝い、カルシウムの吸収のお手伝い、減塩のお手伝い

商品選びの参考に

SSV LV-100 TSV-VE 野菜処理液PA 野菜処理液HC TSV-R GE-R ニューエグスター アフエス セイフティースター65

SSV加工酢 野菜・果物の洗浄

利用用途
青果物の洗浄・除菌に利用できます。
商品特長
お酢をベースにつくっております。ご安心してお使いいただけます。
原材料名
醸造酢、食塩、香料
添加物表示
香料
すすぎ洗いをした場合は不要です。
保存方法
直射日光をさけて常温で保存してください。
使用方法
水で10~20倍に希釈した液に野菜や果実を5~15分間浸漬し、流水で充分すすぎ洗いをしてください。浸漬中に2回以上撹拌してください。
試験例(きゅうりスライス)

次亜塩素酸ナトリウムとの除菌効果の比較

  一般細菌数 大腸菌群数
水洗いのみ 2.4×105 1.2×102
SSV処理(10倍希釈液) 15分間浸漬 2.7×103 10未満
次亜塩素酸ナトリウム処理(200mg/L液) 15分間浸漬 6.1×103 10未満

【単位:個/g】

野菜処理のポイント
  • 鮮度が大切
  • トリミング:傷みや変色のある部位や不可食部を取り除きます。
処理例
  • キャベツ:外葉を取り除き、半割りか四つ割りにします。
  • レタス:外葉を取り除き、一葉ごとにばらして洗います。
  • きゅうり:イボをこすり落とし、ヘタを取ります。
  処理条件 一般細菌数 大腸菌群数
    処 理 前 処 理 後 処 理 前 処 理 後
キュウリ 10倍15分間 4.2×105 1.8×103 4.3×103 10未満
タマネギ 10倍15分間 6.0×102 102未満 1.3×10 10未満
トマト 10倍15分間 7.7×103 102未満 10未満 10未満
キャベツ 20倍15分間 1.8×104 1.4×102 3.6×102 10未満

【単位:個/g】

(注1)
葉物野菜は20倍に希釈してご使用ください。また、モヤシ、カイワレ、大葉、パセリ、長ネギなどは風味や食感を損なう恐れがありますのでご注意ください。
(注2)
野菜の種類や鮮度によっても異なりますが、5回程度繰り返し使用いただけます。

商品情報はこちら

LV-100食品添加物 乳酸製剤

利用用途
青果物の洗浄・除菌に利用できます。
商品特長
乳酸をベースに、酸味をおさえてつくっておりますので、カット野菜の洗浄に使えます。
組成(重量%)
乳酸 40.0%、醸造酢 26.0%、発酵酸味液 1.0%、精製水 33.0%
添加物表示
pH調整目的…pH調整剤、酸味付与目的…酸味料、その他の目的…乳酸
すすぎ洗いをした場合は不要です。
保存方法
直射日光をさけて、常温で保存してください。
使用方法
水で100倍に希釈した液に野菜や果実を5~15分間浸漬し、流水で充分すすぎ洗いをしてください。浸漬中に2回以上撹拌してください。
(注1)
野菜の種類や鮮度によっても異なりますが、5回程度繰り返し使用いただけます。
試験例(きゅうりスライス)

次亜塩素酸ナトリウムとの除菌効果の比較

  一般細菌数 大腸菌群数
水洗いのみ 2.0×104 3.0×102
LV-100処理(100倍希釈液) 15分間浸漬 5.1×103 10未満
次亜塩素酸ナトリウム処理(200mg/L液) 15分間浸漬 7.2×103 10未満

【単位:個/g】

次亜塩素酸ナトリウムと同等の除菌効果が得られます。

商品情報はこちら

TSV-VE加工酢 サラダ・浅漬けの日持ち向上

利用用途
調理サラダや浅漬けなどの日持ち向上に利用できます。
商品特長
きゅうりなどの緑色を損ないにくくなっております。
原材料名
醸造酢、酢酸Na、グリシン、フィチン酸
添加物表示
『酢酸Na、グリシン、フィチン酸』または『pH調整剤、グリシン』
保存方法
直射日光をさけて常温で保存してください。
使用方法
TSV-VEを水で5~10倍に希釈した液に、処理済のカット野菜を1分~1晩冷蔵で浸漬してください。 浸漬比率は 野菜:希釈液=1:1で使用し、液切りしてください。また、調理加工品や調味液に1~4%(目安)添加してもお使いいただけます。
試験例
TSV-VEを水で5~10倍に希釈した液に、カットしたきゅうりを10分間浸漬。液切り後、10℃で保存。

一般細菌数

  初 菌 数 24時間後 48時間後
未処理 1.0×102 5.5×103 3.6×105
TSV-VE処理 102未満 102未満 102未満

【単位:個/g】

大腸菌群数

全て10個未満/g

商品情報はこちら

野菜処理液PA食品添加物 酢酸ナトリウム製剤

利用用途
レタスやキャベツなど、葉物野菜の日持ち向上に利用できます。
商品特長
風味や色調を損ないにくく、次亜塩素酸ナトリウムで処理した生野菜の残留塩素臭を減らすことができます。
組成(重量%)
酢酸ナトリウム 24.4%、フィチン酸 0.9%、食品素材(醸造酢、精製水)74.7%
添加物表示
pH調整剤または酸味料
保存方法
直射日光をさけて常温で保存してください。ただし、開栓後要冷蔵。
使用方法
水で50~100倍に希釈した液に野菜を約10分間浸漬してください。
試験例
野菜処理液PAを水で50倍に希釈した液に、カットしたレタスを10分間浸漬。液切り後、15℃で保存。
  一 般 細 菌 数 大 腸 菌 群 数
  初 菌 数 48時間後 60時間後 初 菌 数 48時間後 60時間後
未処理 102未満 4.2×103 3.1×105 10未満 10未満 2.0×103
野菜処理液PA処理 102未満 102未満 6.8×103 10未満 10未満 10未満

【単位:個/g】

商品情報はこちら

野菜処理液HC調味液 野菜の日持ち向上

利用用途
巻き芯きゅうりの日持ち向上に利用できます。
商品特長
発酵調味料と醸造酢を組み合わせ、風味を損ないにくくなっています。
原材料名
発酵調味料、醸造酢、還元水あめ、デキストリン、pH調整剤、調味料(アミノ酸)、乳酸Ca
添加物表示
pH調整剤、調味料(アミノ酸)、乳酸Ca
保存方法
直射日光を避けて常温で保存してください。着色、または原料に由来する浮遊物や沈殿物を生じることがありますが、品質には問題ありません。
使用方法
水で5倍に希釈した液に洗浄後のカット野菜を10分間浸漬し、液切りしてください。3回程度繰り返し使用することが可能です。
試験例
野菜処理液HCを水で5倍に希釈した液に、カットしたきゅうりを10分間浸漬。液切り後、25℃で保存。
  一 般 細 菌 数 大 腸 菌 群 数
  初 菌 数 36時間後 初 菌 数 36時間後
未処理 1.0×102 3.2×105 10未満 5.2×103
野菜処理液HC処理(1回目)  1.0×102 6.0×102 10未満 10未満
野菜処理液HC処理(2回目)  3.0×102 102未満 10未満 10未満
野菜処理液HC処理(3回目)  102未満 2.4×104 10未満 10未満

【単位:個/g】

TSV-R加工酢 惣菜の日持ち向上

利用用途
惣菜の日持ち向上に利用できます。
商品特長
酸味を与えにくく、浸漬による原料処理や調味液に添加してお使いいただけます。
原材料名
醸造酢、デキストリン、酢酸Na、グリシン、調味料(アミノ酸等)
添加物表示
酢酸Na、グリシン、調味料(アミノ酸等)
保存方法
直射日光をさけて常温で保存してください。
使用方法
TSV-Rを水で10~20倍に希釈した液に、畜肉、魚介類を5分~2時間冷蔵で浸漬してください。浸漬比率は原料素材:希釈液=1:1で使用し、液切りしてください。また、惣菜や加工食品に1~3%程度添加してご使用ください。
試験例
TSV-Rを水で10倍に希釈した液に、一口大にカットした鶏肉を15分間浸漬する。液切りした鶏肉に小麦粉をまぶし、170℃の油で3分間揚げる。常温まで冷まして、25℃で保存。

一般細菌数

  初 菌 数 24時間後 48時間後
未処理 102未満 1.5×102 6.2×105
TSV-R処理 102未満 102未満 102未満

【単位:個/g】

大腸菌群数

全て10個未満/g

商品情報はこちら

GE-R加工酢 魚介類の日持ち向上

利用用途
寿司の生ネタや、シーフードサラダに使用する魚介類の日持ち向上に利用できます。
商品特長
ネタへのダメージ(サーモンであれば赤色の退色、イカであれば透明感の減少)をおさえられ、酸味もおだやかです。
原材料名
醸造酢、還元水あめ、食塩、昆布だし、pH調整剤、調味料(アミノ酸)
添加物表示
pH調整剤、調味料(アミノ酸)
保存方法
直射日光をさけて常温で保存してください。
使用方法
10~15℃にて保存させたい場合は、2倍希釈液に1~5分間浸漬してください。 25~30℃にて保存させたい場合は、2倍希釈液に20~40分間浸漬してください。浸漬比率は魚介類 : 希釈液 =1:1でご使用ください。繰り返し使用はできません。
試験例
GE-Rを水で2倍に希釈した液に、魚介類を40分間浸漬後、液切りして25℃で保存。
    初 菌 数 24時間後 48時間後
サーモン 大腸菌群数 10未満 10未満 10未満
一般細菌数 1.0×102 102未満 102未満
イ  カ 大腸菌群数 10未満 10未満 10未満
一般細菌数 102未満 102未満 102未満
蒸しえび 大腸菌群数 10未満 10未満 10未満
一般細菌数 1.0×102 1.4×103 2.4×103

【単位:個/g】

商品情報はこちら

ニューエグスター食品添加物 エタノール製剤

利用用途
エチルアルコールを主成分とし、醸造酢と乳酸で除菌効果を高めたエタノール製剤です。加工食品に添加することで保存性を高めることができます。
組成(重量%)
エチルアルコール 67.89%(注1)、醸造酢0.11%、乳酸0.01%、精製水31.99%
添加物表示
「酒精」または「アルコール」。但し、噴霧の場合は加工助剤として表示が免除されます。
保存方法
火気厳禁。この製品は引火性液体ですので下記の事項は必ずお守りください。
  1. 使用に際して火気厳禁とし、換気のよい場所でご使用ください。
  2. 保管は密栓の上、火気厳禁の冷暗所でお願い致します。
  3. 使用済み容器は、水洗後廃棄願います。
  4. 漏れる恐れがありますので、 落下させたり衝撃を与えないでください。
(注1)
消防法危険物第四類アルコール類に該当しますので、指定数量を超える場合は消防法に定める貯蔵所または取扱所に貯蔵してください。
使用方法
加工食品に対し1~3%程度添加してご使用ください。
試験例
  作用時間(秒) 生菌数(ガラス板当たり)
大腸菌 0 1.3×106
15 40
30 10未満
黄色ブドウ球菌 0 1.5×108
15 10未満
30 10未満
腸炎ビブリオ 0 1.1×108
15 10未満
30 10未満

(財団法人日本食品分析センター第TM85020063号)

商品情報はこちら

アフエス食品添加物 エタノール製剤

利用用途
エチルアルコールを主成分とし、グリセリン脂肪酸エステルと乳酸ナトリウムで除菌効果を高めたエタノール製剤です。加工食品に添加することで保存性を高めることができます。
組成(重量%)
エチルアルコール 50.0%、グリセリン脂肪酸エステル 0.5%、乳酸ナトリウム 0.1%、精製水 49.4%
添加物表示
「酒精」または「アルコール」。但し、噴霧の場合は加工助剤として表示が免除されます。
保存方法
火気厳禁。この製品は引火性液体ですので下記事項は必ずお守りください。
  1. 使用に際しては火気厳禁とし、 換気の良い場所でご使用願います。
  2. 保管は密栓の上、直射日光や高温を避けて、火気のない場所にお願い致します。
  3. 使用済容器は、水洗後廃棄願います。
  4. 漏れる恐れがありますので、落下させたり衝撃を与えないでください。 品温が5℃以下になりますと沈殿物を生じることがありますが、品質には問題ございません。 常温に戻してからご使用願います。
使用方法
加工食品に対し1~3%程度添加してご使用ください。
試験例
  作用時間(秒) 生菌数(ガラス板当たり)
大腸菌 0 3.6×106
15 10未満
黄色ブドウ球菌 0 4.7×106
15 10未満
腸炎ビブリオ 0 1.5×106
15 10未満

(財団法人日本食品分析センター第TM85020018-2号)

商品情報はこちら

セイフティースター 65食品添加物 エタノール製剤

利用用途
エチルアルコールを主成分とし、乳酸と炭酸水素ナトリウムで除菌効果を高めたエタノール製剤です。加工食品に添加することで保存性を高めることができます。
組成(重量%)
エチルアルコール 57.22%、乳酸 0.02%、炭酸水素ナトリウム 0.01%、精製水 42.75%
添加物表示
「酒精」または「アルコール」。但し、噴霧の場合は加工助剤として表示が免除されます。
保存方法
火気厳禁。この製品は引火性液体ですので下記事項は必ずお守りください。
  1. 使用に際しては火気厳禁とし、換気の良い場所でご使用願います。
  2. 保管は密栓の上、直射日光や高温を避けて、火気のない場所にお願い致します。
  3. 使用済容器は、水洗後廃棄願います。
  4. 漏れる恐れがありますので、落下させたり衝撃を与えないでください。
使用方法
加工食品に対し1~3%程度添加してご使用ください。
試験例
  作用時間(秒) 生菌数(cfu/100cm2
サルモネラ 0 5.1×105
15 <10
腸炎ビブリオ 0 1.6×105
15 <10
腸管出血性大腸菌O157 0 1.0×105
15 <10
黄色ブドウ球菌MRSA 0 1.9×105
15 <10

(財団法人日本食品衛生協会第S12-1348号)